社会保険労務士向け セミナー「残業代請求初期対応の実務」

2018年2月19日(月)

本厚木にあるアミューあつぎ内市民交流プラザにて第2回目の「社会保険労務士向けセミナー」を開催いたしました。
弊所の髙橋俊太弁護士が第1講「残業代請求初期対応の実務」を,前島憲司弁護士が第2講「管理監督者についての実情」の講師としてそれぞれ講演させていただきました。

第1講では,民事訴訟の仕組みにも触れながら,残業代請求事件における労働者側の主張・会社側の反論のポイントだけでなく,テックジャパン事件(最一小判平成24年3月8日)櫻井龍子裁判官補足意見を踏まえた事前対策の重要性についても解説が行われました。第2講では,具体的事例に即して,管理監督者性の立証の困難さのほか,交渉で事件解決をするに当たってのポイント,当該制度を利用する場合の事前の留意点についての解説が行われました。

15名の社労士の先生方にご参加いただき,大変ご好評いただきました。

次回は第3回として「“最新”メンタルヘルス対処法の実務」を5月21日(月)に開催予定です。

 

セミナーの関連記事

下記のページも合わせてご高覧頂けましたら幸いでございます。

企業の法律トラブルに関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。 企業の法律トラブルに関するご相談は初回無料です。まずはお気軽にお問い合わせください。
pagetop